こちらでは、血圧を下げる方法や高血圧の対策をお伝えしています。

血圧を下げる方法には?高血圧はこれで対策しよう!

HOME

高血圧がいけない理由は?

このサイトでは、高血圧の対策や血圧の下げ方などを紹介しています。

今では、テレビの健康番組でも、血圧に関して色々と取り上げられていますが、そもそも、なぜ血圧が高くなるといけないのか?

その辺りから解説していきたいと思います。

なぜ高血圧だといけないのか?

血圧が高いと健康によくないと言う事は、貴方も御存知でしょう。

ですが、実際に自分が高血圧でも特に体に異常がないから大丈夫と思ってしまいますよね。

では、なぜ高血圧はいけないのか?

先ず、血圧が高くなっていくと、血管の壁に普段より多くの圧力がかかります。

そうなると、その圧力に耐えようとして動脈の血管の壁が厚くなり、高血圧の状態が長い間続いてしまうと血液の通り道も狭くなっていくんですね。

また、食生活が乱れている方の場合は、注意しなければなりません。

コレステロールなどの脂質が溜まってしまうと、更に血液の通り道が狭くなってしまいますので、その結果、血管が硬くなってしまう「動脈硬化」になります。

もちろん、動脈硬化が進んでしまうと、脳や心臓、腎臓などの身体の重要な臓器部分が大きなダメージを受けるので、脳卒中であったり、心筋梗塞、腎臓病(腎硬化症)など、これら病気の原因になってしまいます。

それだけではありません。

血管が硬くなってしまうと、血液を全身に送り出している心臓にも、通常よりも余分な負担となってしまい、その結果、心臓の筋肉は肥大化し、次第に心臓の働きも低下していくようになります。

日本人の死亡原因は?

日本人の死亡原因って何かご存じですか?

実は、第1位はガンとなっているんですが、第2位と第3位は心臓疾患と脳卒中となっているんです。

ようするに、高血圧が関係して起きる病気には、命に関わるような重大な病気になる場合が多いってことです。

高血圧がいけないと言う理由は、このような病気を引き起こす可能性が高いからなんですね。

ですので、健康診断などで血圧が高いと知ったのであれば、病気にならない為にも血圧を下げなければならないのです。

高血圧の予防にはいくつかあります。

中でも、塩分を控える事、それと運動不足の解消。

この2つを改善するだけでも、血圧は下がっていきますので、生活習慣が乱れている方は、一度、自分を見直してみてください。

血圧を下げる方法について!

血圧を下げる方法としては、運動不足の解消を強くお勧めします。

運動と言っても、激しい運動は必要いりません。

ウォーキング程度の軽い有酸素運動を行うようにします。

1日30分ぐらいを目安に行えばいいですが、こまめに運動しても構いません。

血圧を下げるためには、毎日続けることが大事ですので、体をあまり動かさないような人は、普段から歩くようにしましょう。

●ふくらはぎマッサージで血圧が下がる?

血圧を下げる方法としては、ふくらはぎマッサージが効果的です。

ふくらはぎは、第二の心臓とも言われていて、この部分をマッサージすることで、血流を良くして、血液を心臓に戻す役割があるので、血圧が高い人はふくらはぎマッサージを行いましょう。

ちなみにマッサージは、下から上に向かって行うのが基本になります。

ですので、かかとから、ふくらはぎの上に向かってマッサージするといいでしょう。

●全身ストレッチ

血圧を下げる方法としては、ストレッチを行うことも効果的です。

全身のストレッチを行うことで、血流改善に繋がるので血圧も下がっていきます。

体を捻ることも大事ですので、高血圧の人は、ストレッチを行う習慣をつけてみてはいかがでしょうか?